断熱性能

HOME | 注文住宅 | 断熱性能

次世代省エネ基準を超える断熱性能

全棟温熱計算を行い、UA値と一次エネルギー消費量を算出します

小田原市の断熱性能の基準値を大きく超える性能

一年中快適に暮らせる家にするためには、「断熱性能」を高めることが必須条件となります。
現在の建築基準法においては、この断熱性能に関するルールがなく、著しく断熱性能が落ちる家を建築しても違法建築とはなりませんでした。近い将来義務化される予定となっていますが、現在は説明義務にとどまっています。
中村建設では、「次世代省エネ基準」という規定にのっとって断熱性能を高めていて、その基準である「UA値」という数値を「0.87」より大幅クリアする「0.6以下」という性能を標準としています。
ご予算にもよりますが、サッシも「樹脂サッシ」を推奨しており、断熱材と開口窓の性能を両方上げることで、明るく開放的な空間でも家全体で断熱するという考え方でご提案します。
 

中村建設の建築の技術