SE構法

HOME | 注文住宅 | SE構法

日本で最先端の木構造「SE構法」を標準採用

高い耐震性能と在来木造では不可能な空間を実現

SE構法動画

構造用集成材をSE金物で強固に接合

SE構法は、強度の安定した「構造用集成材」で構成された柱や梁を「SE金物」という強い金物で強固に接合して躯体を組み上げる建築工法です。
元々「長野オリンピックアリーナ」のような大規模木造建築で利用していた技術を住宅用に開発された工法です。
その最大のメリットは、「耐震性に優れていること」と「大空間を実現できる」ということです。「東海地震」のように、小田原でいつ起こっても不思議ではない大地震にも安心して暮らせるためにも中村建設ではこの「SE構法」を標準にご提案しています。
また、「ラーメン構造」という特徴を生かして、壁や柱の少ない開放的な空間を安全に実現しています。在来木造や2×4工法では困難なこの空間提案も「SE構法」の大きな強みです。

許容応力度構造計算による耐震性の裏付け

 
「SE構法」の高い耐震性の裏付けは「許容応力度構造計算」にあります。
一般の在来木造で行っていない高レベルの構造計算によって、耐震性の高さを裏付けられています。
 
 

中村建設の建築の技術