ガレージハウス

HOME | 空間提案 | ガレージハウス

愛車を守るビルトインガレージの家

車やバイクを風雨から守り一緒に暮らすガレージハウス

 

 

ガレージに必要な空間と間口を実現します

建物の中にガレージを設計するには、大きな空間と広い間口の開口が必要となります。ガレージの内部には構造的な柱は邪魔になるので、通常の在来木造では耐震的に難しくなるのです。特に2台を並列で並べるビルトインガレージとなると更に実現困難です。
重量鉄骨造や鉄筋コンクリート造ではよく見かねるガレージハウスも木造では少ないのはこのような理由によります。
 
そこで私たちが採用している「SE構法」の強みが生きてきます。
ラーメン構造のSE構法は、耐力壁や構造の柱が少なくても設計が可能なので、間口に壁や柱がいらなくなり、安全に広々としたガレージが可能となります。
ケースによっては、車を整備するために高い天井にしたりすることもありますが、これも構造計算で裏付けを取りながら安全に実現することが可能です。

中村建設の空間の提案