狭小住宅3階建て

HOME | 空間提案 | 狭小住宅3階建て

小田原市街地の間口の狭い狭小地に最適な提案

狭小地でも明るく開放的な空間を実現

 

 
小田原駅周辺の市街地や街道沿いには、間口が狭くて奥行が長い狭小地が多く存在します。
このような形状の敷地は、在来木造で耐震性を確保するために壁が必要となるのですが、それが空間の邪魔をするケースがとても多くなります。
そこで、間口が狭い敷地でも開放的な空間を実現するために「SE構法」の強みを最大に生かすことが重要になります。
柱や壁のないリビングやビルトインガレージを安全に実現します。
 
また、敷地が狭いので3階建てにすることも増えるのですが、これも耐震性が厳しくなるので、SE構法が大きく役に立ちます。開放的で安全な3階建てを中村建設のSE構法で実現してください。

中村建設の空間の提案